漂い曇の様に

独身男性と既婚の私の更年期恋愛物語🐸

女子的事情④


久しぶりの女子的事情です~~


お肌ツルツル~~

髪サラサラ~~

あちょこヌルヌル~~に

魅せられ始めたHRT治療

エストロゲン補充薬と

黄体ホルモンを

1日1回1錠ずつを服用して

1ヶ月経たずに

また、大量出血

慌てて

意地悪女医に駆け込む💨💨💨


「ケロ子さんの女の力が

まだ放出されており

薬が入ると脳で感知して

働きが勝り出血するんでしょうね~~

次から1日2錠、飲みましょ~~」って

薬が増えた❗

先生曰く

「10代20代の女子が生理を整える為の処方と同じだからね❗」って…


つまり


「アンタ、ババぁ-やのに

年甲斐も無く、

こんな治療してますねんで❗」とも

聞こえる意地悪な発言❗←相当ネガ子です(笑)


HRTの治療を始めて

ツルツル、サラサラ、ヌルヌルの

副効果も期待出来るが

副作用も多い


特に危惧されるのは

乳ガンや子宮ガン

そして血栓症


乳ガンや子宮ガンは

定期的に検査します。


この年齢、HRTを服用していなくても

1年に1度は必須ですよね。


乳ガンは今まで

市民検診で

マンモを2年に1度は

していたのですが

治療を始めて

乳ガンは

1年に1度、

超音波とマンモを自費で検診

子宮ガンは

1年に1度、

子宮体癌、子宮頸癌の

検診をします。


そして

今年の初め

今まで

1度も引っ掛かった事のない

子宮頸癌に再検査💦


まさかの再検査でした❗


異形物が出たらしく

つまり

癌になりそうな細胞(前ガン病変)が

存在したみたい…💦


そのままHPV検査です。



メッチャ落ち込みました。


勿論、

絶対にあり得ない話ですが

知識の無い方々は

この時代でも

頸がん=セックスって

イメージします。


私、

まさか

この不貞が祟り

頸がん疑いになった?

落ち込む私…



もし検査の結果


OPが必要になれば

どの様に

主人に話せば良いの?


きっと主人は

私の不貞を疑うでしょう。




まさかの展開に


ケロ子ピンチ❗


彼に相談します。


彼は冷静に


「体調が悪い時や免疫が落ちている時は、よくある事。大丈夫、必ず陰性だから。もし、陽性なら、その時に考える。家族には検査の結果が出てOPが必要になるまで、黙っていた方が良いよ。余計な心配や疑念を抱かす事は無い」と…


それから

日帰りOPの出来る(レーザー治療)

病院を捜したり…


検査結果がでるまで

心配と不安で

砂を噛む1週間

情緒不安定な日々の中

そんな

1週間の間に

1度、彼との逢瀬があった

その日は

いつもと違い

愛し合う事も無く

ただ

身体を

抱き合わせながら


何処か不安で押し潰される


そんな不安を、掻き消したいが


ひとつにならずに


ただ、抱き合い続ける。


「大丈夫だよ」

何度も耳元で囁く彼の声に癒された。


不安なのは私だけではない。

彼だって私の以上に不安なのだ。


病気になれば

私達は逢えない。


OPになって入院しても

彼は私の所に

来る事は出来ない。


そんな事は

この関係になった時から

分かっているつもりだけど


いざ

この時が来たとき


改めて


自分達の関係が


どんなに愛し合っても


世間には認められない


関係なんだと


お互い黙って


抱き合いながら


悟っていたのだ


1週間後

検査の結果は陰性


つまり


異形物は

癌化するウイルスではなかった。

経過観察で大丈夫だそうで。

次の検査の時には

消えている事もあるらしい。


ホットした。


自分の身体の事もやけど


また彼に逢える。


関係を続けられる。


素直に


そう思った。


彼も同じ気持ち


結果の次の日



前回の不安からの開放から



思いっきり愛し合った。


この治療を

していなければ


婦人科検診も面倒で


婦人科の扉も重い。


HRT治療をしていたから


婦人科も

気楽に出入り出来る存在になった


これから迎える

思秋期に向け

信頼出来る

婦人科のドクターに

出逢えて良かったのかな…←意地悪女医たけど


そして

婦人科検診の重要性を

再認識しました。




先月から

エストロゲン、

黄体ホルモン補充薬

1日2錠に増えて


出血は落ち着いてるのか?


いえいえ~~


またまた、


休薬前の出血です💦💦💦


このお話は


まだ続きそうです💦💦💦