漂い曇の様に

独身男性と既婚の私の更年期恋愛物語🐸

セカンドバー○ン物語②

前回の続きです~~


私の「小さくって可愛い 」は

歴代彼氏の

愛情バロメーター


なぜなら


私、

若い時から

膣が小さく狭く

それが

こんなにも

大変な事とは知らず

歴代の彼氏達と

決戦に挑むが

これが原因で別れた彼氏もいる

勿論

私の身体を受け入れ

何度もtryしてくれた彼氏達もいる。

主人も、その中の一人


彼は?

どうなのかしら?


決戦の日


彼は「小さく可愛い」ところに

Kiss

何度も何度も

舌、唇、指で

トロトロになるまで

愛してくれた。


私も応えていた

15年ぶりに

充分に滴るloveジュースを

放出して

彼を待つ


彼が

そっと

人差し指を

小さな所に入れようとしたとき

彼の


(´・ω・`)?


何度か入れようと試みる


でも


無理に入れたら入るけど

抉じ開けないと

開かない感覚だったらしい←後日談


もう一度

愛を吹き込むが

貝の奥は堅く閉じている。


彼「ケロ、もっと力を抜いてリラックスしてね」と

言われても


15年ぶりもあるけど


年齢的に萎縮しているのか…


いやいや


若い時から

ずっとだ

婦人科の先生にも

何度も言われていた。

子供は産めないよって



「私、狭いの…💦

それで

産道も通れなく帝王切開になったの…」とも言えず


「うん❤リラックスしてるよ」って

言っても


身体は堅い。


彼は

大きく硬くなった彼自身🍆で

私の小さなトロトロした所に

擦り入れようとするけど

指が無理なのに~~

入る訳もなく

私の痛みに苦悩する顔を見て

そのまま終了となりました。


後日談…

彼「無理矢理、入れたら入るけど嫌でしょう?」←それでも良かったのだけど…


その日も結ばれる事もなく

ただ抱き合い

決戦は次回に

持ち越しとなりました。


翌週

ケロ子の

セカンドバー○ン

リベンジ


お互いに


今日こそはと

思い

挑みました。


でもね

今までの経験上

3度目のなんとかで

いつも3度目に結ばれるのが常で

彼となら2度目でも結ばれるかも❤

って期待もあり~~

決戦を迎えました

確か金曜だった様な…💦


結果は


残念…


指まで

入ったのですが


やはり彼の🍆は先だけで

大き過ぎて入りません。

私の悶絶と苦痛の顔で残念


あまりにも

申し訳なく


彼の大きく硬いの🍆を

パクッン💋しちゃいましたが


彼「痛いっ❗」


今度は彼の悶絶と苦痛の顔


私、久しぶりのパクッン💋

少し、間違っていたみたい…💦


またまた、決戦は持ち越し

その日も抱き合い

反省会


彼「何が足らないのかな?」

私「久しぶりだし、狭く固いから」


そう15年ぶり


でもね細かい事を言うと

15年の間に2回だけあった。

義務的なレイプに近い事が…


だからloveジューストロトロの

交わりは15年ぶり。

私のセカンドバー○ン


3度目の正直


月が明けて~~

月初

継続された歴史の会の帰りに

彼の家に寄り

3度目の決戦❗

ケロ子のセカンドバー○ン

再リベンジ❗


たっぶり

たっぷり

愛された後


ゆっくり

ゆっくり

入れられ


痛みが無かった訳では無いが


メリメリした感触に

痛さを覚える


私の顔を何度も確かめながら


ゆっくり奥まで入った時


思わず


そのままの姿で抱き合った


「やっと、一緒になれたね💕」ってね


カエルの様な

姿で

抱き合い

Kissをした。


ゆっくり彼が腰を動かす


「痛くない?」


「大丈夫よ」


その時は


痛さより


一緒になれた感動と

目覚めた女の快感…

リベンジした!の

達成感…


色んな気持ちでいっぱい☆


彼の動きが激しくなり



そのまま


私の中で果てる🍆💦💦💦



彼「どうなる事かと思ったけど無事にバー○ン卒業だね✨スゴく締まって

気持ち良かった💕」


それは締まってたのかな?

堅いからでは

ないのかな?


そんな、こんなんで


ケロ子、やっとセカンドバー○ン

卒業できました✌


10代の初々しい乙女なら

光源氏の紫の上の様に

何度も何度も時間をかけ

堅さをほぐし

緊張をほぐし

その時を待つのは

男としても至福なのだろう。


まさかアラフィフの私に

ここまで手がかかるとは…

彼も驚きビックリだったと思う。

でも優しく穏和に

私の

その時を待ってくれた

彼には感謝でいっぱい✨


あれから1年半

彼の調教のお陰でしょうか?

いえいえ、

愛情のお陰です。

今では

股関節の可動域も上がり

ピョンピョンも

お得意のケロ子になり~~

カエルの様に

上になり~~

表になり~~

裏となり~~


毎回、官能と快楽に

ケロ~~ケロ~~って鳴く

立派なケロ子に成長しました🐸